火球現象とは?実は目撃できたら幸運の予兆!流れ星とはどう違うの?

11月21日午後9時半ごろ、なにやら関東地方で、「光る物体」が目撃されたようですね。

映像を見ましたが、なんとも恐ろしい・・・まるで宇宙から地球に向かって打たれた花火のようでした・・・

この火球という現象、一体どんな現象なのでしょうか?

ちょっと調査してみましたが、意外と知らない情報も出てきました!

それを皆さんにご紹介していきたいと思います。

ではいってみましょう!

スポンサーリンク

そもそも火球ってなんなのさ?

この火球、英語で「fireball」というのですが、若い方々にはfireballのほうが馴染みがあるのではないでしょうか?

よく、ゲームや漫画等でファイアボールって言葉を見かけますよね。あれです。

一言で言うならば、めちゃくちゃ明るい隕石です。

意外にも隕石って、明るさによって呼び名が変わってくるんですね。

 

なので隕石も、大気圏で蒸発したものも-3~-4等級よりも明るければすべて火球と呼ばれます。ちょっとややこしいですね笑

(ちなみに等級というのは、隕石の放つ明るさの単位のようなものです)

 

流れ星とは何が違うの?

基本的には明確な区分はなく、流れ星と火球は同じものです。

隕石、流れ星、火球は、要するに「宇宙の岩が光ってるぜ☆」ってものなので、本質的には一緒です。

みなさん!火球を見つけましたら通報しましょう!

火球を見た際は、日本火球ネットワークへ通報しましょう。

時刻(できたら秒単位)、角度や方角、何秒見えたか、明るさ、移動速度・・・細かく記憶しておきましょう。

これを報告することで、その火球の軌道を特定することができます。

 

そしてもし火球を見つけましたら、

  1. 何か比較できるものと写真を撮る
  2. 直接触らずビニール袋に密封
  3. できるだけ早く鑑定してもらう

このことを厳守しましょう。

直接触らないようにするのは、隕石を人の菌で感染させてしまわないようにするためです。

そのくらい隕石って貴重なんですね・・・

 

 

 

火球怖い・・・被害って?

過去に、ロシア中部で大火球が地表に落下した衝撃波で被害をもたらした事件が発生しました。

多くの負傷者が出たそうです・・・また、衝撃波で約300棟の建物が被害を受けたとか・・・

大火球の威力半端ないですね。

そのときに落下した隕石が、約10トン・速度は毎秒30キロメートル。

考えても見てください、10トントラックが空から毎秒30キロメートルで降ってくるんですよ!火を帯びながら!

そりゃ被害も甚大になりますよね・・・

地球上で見たら、日本ってとってもちっちゃいですよね?そんな日本で目撃できちゃうなんて、逆にラッキーなのかも・・・?

 

 

まとめ

いかがでしたか?

なかなか落ちるものではないので、見た人は相当ラッキーな方です!

が、隕石に変わりはないので怖いものであることに間違いはありません・・・

落ちないことを祈りましょう・・・笑

 

それでは^^

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*