キングオブアバロン(アプリ)の広告と違う?BF1のパクリがヒドイ件

いやはや、スマートフォンって便利ですよね。

何か気になることがあったら、一発で検索できるし。

暇だな~寂しいなぁ~と思えば、SNSで誰とでも繋がれるし。

なんか手持ち無沙汰だなぁ~と思えば、無料でものすごいクオリティのゲームができるし。

いやはやとんでもない時代になったもんだ。(歓喜)

 

さてさて、今日はスマホゲームについての話題です。

YouTubeをみている方ならわかるかと思いますが、YouTubeには広告ってものがありますよね。

5秒待てばスキップできるものや、30秒位ずーっと待ってなきゃいけなかったりするものまでたくさんありますよ。

その中でも、スマホアプリの広告がありますよね。

パズドラだったり、モンストだったり・・・キングオブアバロンだったり・・・

そう、このキングオブアバロンの広告が他ゲームのパクリ・内容が全く違うとネット上で話題になっております。

一体どういういう事なのでしょうか・・・・?

スポンサーリンク

キングオブアバロンの広告が完全にBF1

 

ひとまず、キングオブアバロンのゲーム画面がコチラになります。

ふむふむ、「THE 洋物ゲーム」って感じですね。

こういうのをストラテジーゲームっていうんですかね。

こういうゲーム、僕は眠くなっちゃうので好きではありませんが・・・。笑

 

そして、コチラがPS4・XBOX ONE・PCゲームソフト「Battle field 1」のゲーム画面↓↓↓

どうです?

まっっったくもって違うゲームですよね?

似ても似つかないゲームですよね?

ところがですよ?!

このキングオブアバロンの広告が、ぜ~んぶそっくりそのままこのBF1の映像が使われているんですよ!!!

What The FXXK ??!!

なんてこったいですよ。ほんとに。

どーゆーこっちゃ。

公式ページでは「2017年正解で最も注目されている基本プレイ無料のモバイルストラテジーゲーム」と、銘打たれていますが・・・。

そんな立派なゲームが、こんなことで良いのでしょうか?

広告のキャプチャして、観てもらいたいくらいですよ。ホント(´・ω・`)

僕はこういった広告を、他のゲーム画面をぶっこ抜いて作られた広告であることから、「ぶっこ抜き広告」と勝手に名付けました。笑

 

追記(2018/01/08)

実際の広告のスクリーンショットに成功しました!

このとおりです。

※決してコラ画像なんかではございません

スポンサーリンク

なんでこんなパクリ広告が・・・??

確かな理由はわかっておりません。

「あ~あれか、BF1とキングオブアバロン、同じElectronic Artsさんのゲームなのか。そうかそうか」

とも思い、早速調べることに。

結果、キングオブアバロンの制作会社は、台湾の「COPYRIGHT FUNPLUS INTERACTIVE」さんでした。

いや、ちがうんか~いっ!!!

 

最近結構ありますよね。めっちゃ似てる、もはや本物と何ら変わりがないようなゲームが。

荒野行動」なんか、いい例ですね。

あれ、まんまPUBG(Player Unknown Battle Ground)ですよね。笑

モバイルでできるPUBGということで、素晴らしい技術だと思うし、楽しいゲームを作ってくれるのは嬉しいことなのですが・・・。

著作権だとか、モラル的にOUTですよね?笑

まぁ、許可取ってるなら良いんですけど・・・(取ってるかどうかも怪しいですが笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

僕もこういった広告を見て、ワクワクしながらゲームをインストールしていざ起動してみると、

なんやねんこれ?!広告と全く違うや無いかいっ!!

とiPhoneにツッコミを入れてしまうことが多々ありました。

詐欺も良いとこですね。笑

ていうか、何がスゴイってコレが広告に出ているってとこですよね。

Googleさん、頼んまっせ・・・。

それでは^^

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*